銀閣寺

多くの哲学者が散歩した哲学の道

「哲学の道」と呼ばれる疎水沿いの散策路は、若王子神社から銀閣寺まで続いています。和辻哲郎、田辺元といった哲学者、とりわけ「善の研究」で有名な西田幾多郎が好んで散歩したことから、哲学の道と呼ばれるようなりました。その哲学の道の北の端に銀閣寺橋があります。橋を渡り、ゆるやかな坂を上ったところが銀閣寺です。

落ち着いた雰囲気の中の峻厳な気品

金閣に代表されるような北山文化の華やかさとは対照的に、銀閣に代表される東山文化は「ワビ」と「サビ」の世界です。東山文化は派手でも華麗でもありません。落ち着いた雰囲気と、峻厳なまでの気品を醸し出しています。

室町幕府8代将軍の足利義政が、文明14(1482)年に造営した東山殿を、その意志に従い義政の死後、禅寺としたものが銀閣寺です。義政の法名に由来する慈照寺(じしょうじ)が正式な名称です。

銀閣という二層の楼閣観音堂があることから銀閣寺と呼ばれます。現在も寺内に存在する「観音殿(舎利殿=銀閣)」と「東求堂(とうぐどう)」の2つの建物は、義政築造当時のものがそのまま残っています。

義政は多くの芸術家を側近として登用していて、その中の一人だった善阿弥と、その孫の又四郎が庭園を手がけました。義政はいわゆる趣味人で、周囲には武人や政治家よりも一芸に秀でた者が同朋衆(どうぼうしゅう)として集まっていました。

愛好した西芳寺の庭園を模写した義政

美的感覚に優れていた義政は、自身が芸術家の域に達していたのです。芸術や文学のみならず庭園をとても好み、寺院などの名園を鑑賞することが多かったようです。

最も好んで訪れたのは西芳寺で、「蔭涼軒目録(おんりょうけんもくろく)」には、豪雨の中を義政が西芳寺を訪れたことが記されています。義政は自分が築造しようとした東山殿の庭園に、愛好した西芳寺の庭園をそのまま模写しようとしました。その結果、東山殿の庭園や建物は、名称や配置まで西芳寺のそれに因んだものになっています。

簡素な竹垣(銀閣寺垣)と大きな刈込みの生垣の間にある参道を歩き、庭園に入ると白砂の造形がまず目につきます。富士山型に砂を盛り上げた向月台(こうげつだい)と、手前に広がる銀沙灘(ぎんさだん)は、現代芸術を思わせます。

この2つの白砂の造形は、義政によるものではなく江戸時代に造られたといわれています。一説によると、この一帯は花崗岩性の土質で、長年の間に白川砂と呼ばれる花崗岩質の白い砂が池にたまっていて、その砂を庭園に利用できないかと考え出されたのが、向月台と銀沙灘だとされています。

池泉回遊式庭園の庭で、中央にある錦鏡池(きんきょうち)は中ほどが大きくくびれ、西に銀閣、東に東求堂が建っています。背後の月待山から上る月を眺めて義政は、「わが庵は 月待山の麓にて かたぶく空の 影をしおもふ」と詠んでいます。

銀閣の上層、潮音閣(ちょうおんかく)は禅宗様式の仏堂です。下層は心空殿と呼ばれる和様式の書院風の住宅で、東求堂は足利義政の持仏堂として建てられた建築です。「東方人は念仏して、西方に生まれることを求む」から取ったもので、西方極楽往生の願望を表しているそうです。

典型的な初期の書院造りの様式で、ゆるやかに反った屋根を持つ優美な建物です。義政の木像が内部に安置されています。東求堂の東北の隅には、四畳半の茶室の原型とされる同仁斎(どうじんさい)があります。その外側にある現代的な意匠の銀閣寺型手水鉢は、ひっそりと置かれているためか、よく見落とされるようです。

当ホームページに記載されている文章・画像などの無断複製、転載を禁止します。
Copyright (C) 京都を流れる古都の風 All Rights Reserved.