南禅寺三門

石川五右衛門の名せりふが江戸庶民の間に南禅寺の名を知らしめた

疎水にかかる橋を渡り東山の山裾へ向かうと、重要文化財である南禅寺の大きな三門と本堂が木々の間から見えてきます。この三門は、石川五右衛門が住んだという伝説があり、並木五瓶(なみきごへい)が書いた歌舞伎の「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」で有名です。

もっとも、この三門は寛永5(1628)年に建てられたが、石川五右衛門が三条河原で釜ゆでの刑に処せられたとされているのが、文禄3(1594)年と伝えられています。したがって「楼門五三桐」の中で石川五右衛門が銀の煙管をくわえて「絶景かな、絶景かな」と見得を切る名せりふは全くのフィクションということになります。

しかし、この名せりふが当時の江戸庶民の間に南禅寺の名を一気に知らしめることになりました。この寺は亀山天皇が離宮を作り、それを寺にしたのが始まりで、後醍醐天皇が京都五山の第一位として、また足利義満が五山の上の寺格としたことで別格を誇りました。

大坂夏の陣で死んだ将兵の霊を慰めるために再建された

南禅寺の建物は、比叡山僧徒の焼き打ちや応仁の乱の兵火で焼け、現在の建物のほとんどは桃山時代に再建されたものです。三門も寛永5(1628)年、藤堂高虎が大坂夏の陣で死んだ将兵の霊を慰めるために建立したとされています。

広大な境内には、勅使門、三門、法堂、方丈が一直線上に配置されていて、そのまわりに塔頭が並んでいます。方丈は後陽成天皇より拝領した御所の清涼殿を移築した大方丈と、伏見城の小書院を移した小方丈からなっています。当時は天皇が崩御された時には、清涼殿をはじめ諸殿を建て替えるのが普通で、建物は勢力のある寺に下げ渡されました。

虎の子渡しの庭と呼ばれる石組がある方丈の前庭

大方丈は、正面9間、側面12間で、単層の入母屋造りの建物である。柳の間、麝香(じゃこう)の間、昼の間、西の間などの各部屋には124面もの襖絵があり、花鳥図は狩野元信が、人物画は狩野永徳が描いたとされています。

方丈の庭園は、崇伝が金地院庭園の作庭を小堀遠州に依頼した時に同時に作庭依頼したとされ、白石を敷き詰めた庭園の南東に当たる左手奥に樹木と苔と6個の石が置かれた枯山水庭です。

宸殿(しきでん)造り様式の方丈の前庭として作庭されたこの庭は、石組があたかも親虎が子虎を従えて川を渡る様に似ているところから、「虎の子渡しの庭」と呼ばれています。広縁の西端に作られた大小2つの欄間は竹と虎や唐獅子が透かし彫りされた欄間彫刻で、左甚五郎の作とされています。

大方丈の奥に小方丈があり、虎の間の襖には狩野探幽の竹林群虎の図が描かれています。正面を向いている虎や、横たわっている虎などが描かれ、特に水呑みの虎は傑作といわれています。

崇伝が気に入った遠州の作庭

境内には南禅院、天授庵、金地院(こんちいん)など8つの塔頭がありますが、中でも金地院は南禅寺を復旧した僧崇伝(そうでん)がいたところです。

本光国師崇伝は、徳川家康の政治上の顧問として知られており、金地院は慶長10(1605)年に洛北の鷹峰(たかがみね)から現在の地に移して再建されました。金地院の造営工事は、寛永4(1617)年から約5年間を費やして進められました。

この間の工事の進捗状況は、崇伝の「本光国師日録」に記されており、遠州の作庭に関する記録で明確に残る唯一の物です。崇伝は日記の中で「遠州の好み一段とよろしく」と書き残しているほど気に入ったようです。

石組みには三宝院で活躍した賢庭が当たりました。鶴島・亀島という二島を配置した形態は、三神仙島を二島で代表させた形で、三島一連の形を簡素化したものです。永劫の繁栄を陰陽結合のもとに子孫繁栄があるという思想の表現だとされています。

当ホームページに記載されている文章・画像などの無断複製、転載を禁止します。
Copyright (C) 京都を流れる古都の風 All Rights Reserved.