西本願寺阿弥陀堂(重要文化財)

昔の大名屋敷のような印象がある「西本願寺」

京都駅の近く堀川通りに面して築地塀を巡らした、城郭のような大寺院が世界文化遺産にも登録されている西本願寺です。

正式には浄土真宗本派本願寺といいますが、烏丸通に立つ浄土真宗大谷派本願寺と区別するため、両寺の位置から西本願寺、東本願寺とそれぞれ呼ばれています。

縁起は親鸞聖人のための「大谷廟堂」

西本願寺の起こりは文永9(1272)年、親鸞聖人の娘の覚信尼が聖人の墓を東山大谷に改葬して廟を建て、本像を安置して御影堂としたことに始まるされています。

その後、蓮如上人が寺勢を盛り上げました。しかし、勢力の増大が他宗派からの反感を買って、比叡山の宗徒に破壊されました。以来、約120年間もの間、各地を転々とし、天正19(1591)年に豊臣秀吉の寺地寄進により現在地に移った。

教如が開いた寺を東本願寺と呼んだため西本願寺と通称された

文禄元(1592)年11代の顕如上人が急逝した後、12代目をめぐる内紛から慶長7(1602)年本願寺は東西に分裂しました。顕如上人の後を一旦は長男の教如が継いだものの、秀吉の勧めで三男准如上人が12世となり、教如上人は隠遁しますが、家康が隠遁した教如上人に寺地を与え東本願寺を起こさせました。

これが本願寺分裂といわれる事件ですが、分裂の原因には諸説あり、一説には巨大な勢力となった本願寺の勢力を削ごうとする家康の策略であるともされていますが、真相は明らかでありません。

親鸞坐像を祀る御影堂は本堂の阿弥陀堂よりも大きい

諸堂は元和(1617)年の火災で焼失し、後に再建されたものです。この時期は、徳川幕府が豊臣家ゆかりのものを破壊する政策を採っていた時にあたり、取り壊された伏見城や聚楽第の一部が西本願寺に移築されたため、桃山文化を伝える文化財が多く残されています。

本願寺の中心となるのは親鸞を祭る御影堂で、大師堂とも呼び、寛永13(1636)年に再建されました。本堂は宝暦10(1760)年に再建され、阿弥陀堂とも呼ばれています。

大書院は、正面16間、側面14間の大建築で、上段・下段合わせて203畳もの対面所や白書院などからなっていて、現存する最大の書院といわれていています。壁画・襖絵は狩野探幽・渡辺了慶らの作とされ、白書院の雁の間の杉戸に描かれた「花車図」は著名です。

虎渓の庭と白書院の北側にある国宝の能舞台は非公開

対面所の東側には虎渓(こけい)の庭と呼ばれる枯山水庭園があります。この庭の作者は、伏見の住人朝霧志摩之助なる人物であるといわれていますが、この人物の実在は不明です。

書院の北にある北能舞台は、天正9(1581)年建立の墨書がある現存する最古の能舞台で、聚楽第から移築したとされています。滄浪池(そうろうち)に面して建つ飛雲閣は、聚楽第の遺構を移築したもので、3層の楼閣からなり、初層が入母屋造、中層が寄棟造、上層が宝形造(ほうぎょうづくり)となっていますが、一般公開はされていません。

伏見城の遺構といわれる唐門は、大徳寺・豊国神社の唐門と並ぶ桃山時代を代表する秀作として知られています。寺をじっくり見て回ると、このあたりで日が暮れるところから、日暮門とも呼ばれています。

江戸時代に4度焼けたため古い建物がない東本願寺

一方、烏丸通に面し、お東さんの名で親しまれているのが東本願寺(正式名称:真宗本廟)です。大師堂門という大きな山門を入ると、正面に世界最大の木造建築の大伽藍の偉容が目を見張ります。

向かって左が本堂(阿弥陀堂)で、正面が大師堂(祖師堂)です。大師堂内には、建築の際の巨材を引くため、女性の門徒が献じた毛髪を編んだという毛綱の一部が陳列されています。親鸞聖人像が祭られている大師堂は、927畳敷きの大広間があり、熱心な信者が念仏を唱える姿が絶えません。

真宗大谷派の本山である東本願寺は、歴史的に比較的新しい建造物が多いせいか、ユネスコ世界遺産に登録されていません。

当ホームページに記載されている文章・画像などの無断複製、転載を禁止します。
Copyright (C) 京都を流れる古都の風 All Rights Reserved.