龍安寺石庭

徳大寺の土地を室町時代に細川勝元が譲り受け創建された龍安寺

平安時代の末期、藤原実能(さねよし)が衣笠山の麓に、徳大寺という仏堂を建てた。この徳大寺の土地を細川勝元が室町時代に譲り受け、宝徳2(1450)年、妙心寺の義天玄承に請じ創建されたのが龍安寺(りょうあんじ)です。

「無の美」ともいう超感覚的な雰囲気の石庭

禅思想を基盤として表現された「枯山水庭」として知られているのが、龍安寺の方丈前の石庭です。

百坪あまりの方丈の前の平地に、砂石を全面に敷き詰め大小15個の庭石を方丈から向かって左から右へ「5・2・3・2・3」と組み流し、南と東西面を築地塀で囲んでいます。

庭石の周囲にわずかな苔があるだけで、庭内には木一本草一本ありません。重厚な土壁を見せるくすんだ塀を背景にして、筋目を立てた白川砂の中に庭石が断続的に大胆に配置されています。

それは、花木や池水で作られた庭園がもつ華麗さではなく、「無の美」ともいう超感覚的な雰囲気です。

石の配置から「七五三の庭」、「虎の子渡しの庭」と呼ばれ、親虎が子虎をかばうように誘いつつ、川を渡る様子を表しているのです。この龍安寺の石庭は相阿弥が室町時代に作ったとされていますが正確には不明です。

「知足のつくばい」は禅の精神を表している

細川勝元が宝徳2年に創建した龍安寺は、応仁の乱で焼失しました。それから20余年後の明応8(1499)年、勝元の子政元が再建しました。

それゆえに石庭の作庭年代も政元再建後だとされ、むしろ江戸時代に近い頃ではないかと言われています。

方丈東庭には樹木や苔が植栽され、方丈と東の茶室蔵六庵を低く荒い組み方の龍安寺垣が隔てています。

方丈の東北には、水戸黄門で知られる徳川光圀が寄進したとされる銭型のつくばいがあります。これが有名な「知足のつくばい」です。

「吾唯知足(われただたるをしる)」と彫られており、知足の者は貧しいといえども富めり、不知足の者は富めりといえども貧しいという禅の精神を表しています。

光格天皇が好んだとされる風雅な飛涛亭

龍安寺からすぐ眼と鼻の先と言っていい所に仁和寺(にんなじ)があります。

仁和寺は、仁和2(886)年、大内山の麓に光孝天皇の勅願寺として作られ、光孝天皇の遺志を継いだ宇多天皇により同4年に完成しました。

宇多天皇は醍醐天皇に譲位して仏門に入ると、寺内に室(むろ)を設けて法務の在所としました。室とは僧坊のことで、尊称して御室と言いました。その後、この名称が付近一帯の地名として定着したのです。

寺は宇多天皇から後も代々法親王が入寺する最初の門跡寺院として、格式を誇っています。平安時代の仁和寺は多くの堂塔・伽藍が存在し、その数は78あるいは108あったと記されていますが、相次ぐ大火・兵火で伽藍は焼失してしまいました。

近世に至り、徳川家光により寄進を得て、また朝廷からも清涼殿、常御殿(つねごてん)などの諸建築を下賜され、御所さながらの雰囲気を漂わせていることから御室御所とも呼ばれています。

高雄方面へ通じる周山街道に面して建つ大きな南大門(仁王門)は、知恩院や南禅寺の三門とともに、京都の三大門に数えられます。境内にはいり、広い参道の右手林の中に霊宝館があります。

館内には、平安時代前期の阿弥陀如来像と孔雀明王像をはじめ、多数の国宝が収蔵されています。本坊内の奥には庭園があり、元禄3(1690)年に作庭されたものです。

滝石組と築山、池泉で構成された庭園で、元禄文化の華麗さが偲ばれます。庭の北東には飛涛亭(ひとうてい)、遼廓亭(りょうかくてい)と呼ばれる茶室があります。飛涛亭は光格天皇が好んだとされる風雅な小亭で、中門を入ると左に「御室桜」があり、京都で最も遅咲きの桜として知られています。

当ホームページに記載されている文章・画像などの無断複製、転載を禁止します。
Copyright (C) 京都を流れる古都の風 All Rights Reserved.